リノベーションとリフォームはどう違う?リフォームを選択すべきケースとは

公開日:2022/04/01   最終更新日:2022/04/27


日本の住宅市場は新築至上主義といわれて久しいですが、古い建物に手を加えて大切に住む、という価値観も徐々に浸透してきています。リフォームとリノベーション、どちらも似たような意味に思われますが、違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。両者の意味の違いと、どちらを選択すればいいのかを解説していきます。

リノベーションとは

リノベーションとは、既存の建物に対して大掛かりな改修をほどこし、それまで以上の価値をプラスするための工事です。たとえば、家族構成の変化による間取りの変更や、家事動線向上のための水回りの移動などが挙げられます。建物を骨組みだけの状態にする、スケルトンリフォームと呼ばれる工事であれば、設計の自由度は非常に高くなります。リノベーションは、既存の間取りや内装、設備にとらわれないので、住む人のライフスタイルや嗜好にぴったりと合った住まいを作ることができます。

リフォームとは

リフォームとは、経年で劣化した内装や設備を、元の状態に戻すために行う工事です。不具合がある箇所への、部分的、表面的な処置ともいえます。たとえば、フローリングや壁紙の張り替え、洗面所やトイレの設備交換、外壁の塗り替えなどが考えられます。新しい価値をプラスするというよりは、新築当時の状態に戻すこと、つまりは原状回復が目的となります。

どちらを選択すべき?判断基準とは

住まいの改装を検討している場合、リノベーションとリフォームどちらを選べばいいのでしょうか。それは、家族構成やライフスタイル、予算など個々の事情によってさまざまです。どういう場合にどちらを選択すればよいかを、例を挙げながら見ていきます。

間取りを変えたい場合はリノベーション

まずは、既存の住まいに手を加えるパターンです。子どもが成長したので個室を与えたいなら、一部屋増やす必要があります。反対に、子どもが独立して部屋が不要になったなら、一部屋減らしてリビングを広くすることもできます。昨今は在宅勤務も普及してきているため、仕事に集中できる書斎を作りたい、といったニーズもあるでしょう。

このように、家族構成やライフスタイルの大きな変化があった場合、家族全員が快適に住まうために、大幅な間取りの変更が必要になることがあります。大規模な間取りの変更はリノベーション一択となります。

物件選びにおいて立地が最優先の場合はリノベーション

次に、新しく住まいを探すパターンではどうでしょう。駅近へのこだわりや、仕事や学校に通いやすい立地、気に入っている街に住みたい、など、立地を重視した物件選びをする場合、リノベーションが向いています。立地にこだわると、当然、住まいを探すエリアは限られてきます。タイミングよく、希望エリアに売出し中の新築物件があることは稀でしょう。新築物件が建つのを待つ、というのも現実的ではありません。

その場合、新築物件にこだわらず、中古物件を購入してリノベーションすることを視野に入れると、物件選びの選択肢がかなり広がります。理想の住まいがある場所に引っ越すのではなく、住みたい場所に理想の住まいを作ることができるのがリノベーションです。物件選びにおいて、立地を最優先に考えている場合は、リノベーションが向いているといえます。

費用を抑えたい場合はリフォーム

リフォームは部分的、表面的な改修工事のため、大規模工事となるリノベーションと比べると、費用を抑えられます。一般社団法人住宅リフォーム推進協議会が平成212月に公表した、住宅リフォームに関する消費者実態調査結果報告書によると、実際にかかったリフォーム費用の平均は356万円です。

一方、リノベーションをトータルでサポートする「リノベる。」(リノべる株式会社運営)によると、「リノベる。」の事例においては、60平米のリノベーション費用は1,000万円台から1,600万円台となっています。調査対象が異なるので単純に比較はできませんが、リフォームとリノベーションではかかる費用に一桁の違いがあります。リノベーションができるほどの予算がない場合は、費用が抑えられるリフォームを選択し、生活の不便を最低限は解消するという方法がよいでしょう。

工事期間を短くしたい場合はリフォーム

リフォームとリノベーションの工事の規模の違いは、工事期間にも影響してきます。工事完了までの日程がタイトな場合、工事期間が比較的短いリフォームが向いています。大規模な工事になるリノベーションと比べて、リフォームは部分的、表面的な工事のため、工期を短くできるのです。工期の短長は、先ほどの費用にも関わってきます。建物の大規模な改修をするリノベーションの場合、そこに住みながら工事を進めることはできません。

一方、リフォームで住宅の一部を改修する場合、工事中もその家に住み続けられる場合が多くあります。つまり、工事中その家に住むことができないリノベーションの場合、仮住まいを手配する必要がある一方で、住みながら進められることが多いリフォームでは、仮住まいが不要な分、費用をカットできます。一旦転居の必要があるリフォームであっても、工期が短いほど仮住まいの費用は抑えられるため、リノベーションよりリフォームの方が経済的です。

 

リフォームもリノベーションも、そこに住む人のより快適な暮らし、ひいてはよりよい人生を叶えるための手段、ということは共通しています。そして、設計の自由度、工事期間、費用など、それぞれにメリットデメリットがあることも事実。それらを踏まえて、家族構成、ライフスタイル、予算など自身の事情に合わせた最適な方法を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

冬といえば寒さや乾燥が気になる季節です。毎年寒さや乾燥に悩まされている方も多いのではないでしょうか。暖房で寒さ対策をしたり、加湿器をつけて乾燥を防いだりすると思いますが、暖房や加湿器は光熱費

続きを読む

ダニやカビはアレルギーやかゆみなど人体の健康面に多大な影響を与えます。きちんと掃除をしていてもカビ臭かったり、ダニアレルギーによりくしゃみが止まらなかったりすることがあり得るのです。今回は簡

続きを読む

お風呂のリフォーム時期の目安は20年といわれています。前回のリフォーム、もしくは新築から20年ほどが経つのであれば、お風呂のリフォームを検討してみるとよいかもしれません。この記事では、浴槽リ

続きを読む

壁紙の黄ばみや変色が気になっていませんか?生活していると、なかなか気づきにくいものですが、実は壁紙は日光やタバコなどの影響を受けて変色しています。しかし、壁紙リフォームを検討しても、費用がど

続きを読む

マイホームも長く暮らしていると、年月と共に劣化が気になってきます。また、家族の介護が必要になるなどライフスタイルも変化してくるため、内装リフォームを検討する方も多いでしょう。そこで、この記事

続きを読む

毎日顔を洗って歯を磨く洗面台は、15~20年がリフォーム時期だといわれています。そのころになると子育てが終わり、子どもが大きくなって独立しているケースも少なくありません。子どもの独立を機に、

続きを読む

住宅を購入してから数十年も経つと、外壁の色あせや汚れが気になってくるのではないでしょうか?外装リフォームしてみたいけど、費用が高そうで不安という方も多いかもしれません。そこで今回は、外装リフ

続きを読む

築年数とともに、家の中には気になる点が増えていくものでしょう。中でもトイレは毎日使う場所なので、快適にしておきたいという希望も生まれますよね。しかし、リフォームを考えると気になるのが、それに

続きを読む

住み始めたときはキレイな新築だった家も、長年住み続けているとあちこちに染みついた汚れや修繕が必要な箇所が出てくるものです。「そろそろ我が家もリフォームだな」と思っても、じゃあ一体どこに頼めば

続きを読む

自宅の気になる部分や古くなった部分をきれいにしたい、家族が増えて不便なところを快適にしたいなど、リフォームする目的は人それぞれかと思います。今回は福島県浜通りに属する双葉郡で、おすすめのリフ

続きを読む